伊勢うどんはまずい!?うわさは本当?いざ、実食調査!

白くて太くてやわらかい伊勢うどん。

讃岐うどんなどコシのあるうどんとは一味ちがう味わいです。

ネットで伊勢うどんはまずいという噂があるようです。

真相はいかに?

伊勢うどんはおいしいです!

この記事では、伊勢うどんはまずいのかについて、わたしが現地調査した率直な感想をお伝えします。

伊勢うどんはまずいは本当か?

伊勢うどんがまずいという噂が出回っています!

残念なうわさです。

はっきり言います!
伊勢うどんはおいしいです。

伊勢うどん
伊勢うどんは太くてもちもちの麺と出汁のきいた甘めのタレがよくからんでおいしい!

まずいという評判は嘘です!

そもそもおいしい、まずい、は主観によるところが大きいと思うのですが、主観を抜きにしても決して伊勢うどんはまずくありませんよ〜

やわらかくて太い麺とタレがよくなじみ、食べ応えがありおいしいです。

讃岐うどんのようなシコシコとしたコシはありませんが、もちもちとした麺は独特の食感があり、新鮮な歯応えでした。

やわらかくてもちもちの麺に、出汁のきいた甘辛いタレがよくからんで、ほっとする味です。

 

この日いただいた伊勢うどんは、山いものとろろに生卵の黄身がのっていました。

かきまぜて口に運ぶと、ダシベースのおしょうゆとめんがよくからみおいしい!

麺が太いので、食べ応えがあります。

お汁もすすって完食。

ごちそうさまでした。

うどんもところ変われば、かたさやわらかさ、太さ細さ、いろいろ変わるんですね。

これだから、旅は楽しい!

伊勢うどんはまずいって誰が言った?

こんなにおいしい伊勢うどん、まずいって言い出したのは誰でしょう!

おそらく数年前からコシのある讃岐うどんがブームになったことも影響しているのでしょう。

讃岐うどん発祥の地・香川県が舞台の映画『UDON』で、コシの強い讃岐うどんが全国に知られ、

全国展開する丸亀うどんの進出も手伝って、うどんのイメージが、コシのある麺のイメージで固まってしまったのではないでしょうか。

 

確かにコシの強い讃岐うどんはおいしいですが、うどんはコシだけではありませんよ。

うどんに限らず、食べ物にはそれぞれ土地ならではの味わいがあります。

 

もうそろそろ、おいしい、まずいだけで判断するのはやめにしませんか?

自分の主観からはずれたことは受け入れるのに時間がかかるかもしれません。

一時的に、「えっつ!?」ってなるかもしれません。

でも、やわらかいうどんには、やわらかいなりの理由があるのです。

理由を知ろうともしないで、「まずい」というのは食べ物に対しても失礼ですし、作ってくださった方にも無礼です。

伊勢うどんはまずいって?いえいえお伊勢参りの旅人へのおもてなしの心がこもっている!

伊勢うどんはもともと、長い旅路を歩いてお伊勢参りに訪れた旅人に、疲れをいやしてもらうため、消化のよいおうどんを出したことが始まりだそうです。

伊勢うどんのやわらかさには、思いやりの心がこめられていたのですね!

 

所変われば品変わるといいます。

狭い日本ですが、土地が違えば風習や食べ物も異なることを理解して

おいしい、まずいで判断するのではなくおもてなしの心をありがたく受け入れたいですね。

伊勢神宮の門前、おはらい町
伊勢神宮の門前、おはらい町は歴史ある建物が立ち並ぶ

もう一度言います、伊勢うどんはおいしいです(笑)

実際に食べてみなくては、このやさしさは説明だけでは不足です。

お伊勢参りに出向かれた際はぜひ、おはらい町やおかげ横丁で食してみてくださいね〜