フリーランスが楽しい!甘くないけど努力できる人には向いている!

フリーランスは楽しいです。

理不尽な上下関係もなし、裁量が自分にあって、自由で楽しいです。

自由とは、責任を伴う自由です。

働いた分しか報酬は入ってきませんし、常に新しい技術を習得していく向上心も必要です。

この記事ではフリーランスが楽しい理由と向いている人についてお伝えします。

フリーランスが楽しい!自分で時間を組み立てる自由

会社員であれば、月曜日から金曜日まで朝8:30から夕方5:00まで決まった時間に出社して、勤務時間中は会社に拘束されます。

月給で働くのはつまり、会社に時間を売ること。

時間と引き換えに、自分の自由を売っているのです。

 

フリーランスも案件をこなして、クライアントから報酬をいただくという点では、時間を売っていることに変わりはないといえば、そのとおりです。

しかし、フリーランスは自分で時間を組み立てる自由があります。

決まった時間に会社に行かなくてもよいのです。

皆の働く昼間に映画を見ていてもよいのです。

平日の空いている時間にショッピングを楽しむのだって自由です。

自分の時間を自分で組み立てる自由が、フリーランスにはあります。

 

とは言っても、オンラインでつながる相手とは、ビジネスタイム(8:30〜17:30)に連絡とりあうことがほとんどなので、平日日中は基本在宅してPCの前に座って仕事しているんですけどね!

それでも、合間に買い物に出たり、今日は友人とランチなんて予定も自由がきくのです。

自分の裁量で時間を自由に使えるのが、フリーランスの醍醐味であります。

フリーランスが楽しい!自己管理ができた上で期待に応えることができるから!

だからといって、フリーランスは自由に何でもしていては、稼ぐことができません。

フリーランスが楽しいのは、自己管理がきちんとできて、メリハリをつけて働くからです。

自己管理能力、つまり誰にも指図(さしず)されなくても、きちんと仕事をこなして成果を上げることが求められます。

職種によっては成果物(デザイン画像・WEBページ・テキスト)を納品したり、新しい企画を出したりもします。

いずれにしても、フリーランスは納期を守るのはあたりまえ、期待以上の仕事をすることで、やりがいも感じられるのです。

フリーランスが楽しいのは、裁量が自分にあるから

フリーランス、駆け出しのころは来るもの拒まずで、どんなに単価が低い案件でも実績になるから、と請けていました。

でも、そこそこ経験を積むと、仕事を選べるようになります。

そう、決定の裁量が自分にあるのです!

これ、結構重要です!

自分で選べる、選択の自由があることで、仕事に対する責任感もより強くなります

やらされ仕事でなく自分で選んだ仕事は、すすんで取り組むことができます。

フリーランスにも人間関係は必要!

フリーランスにも人間関係は必要です。

会社員時代の上司や同僚のめんどくさい人間関係とはちょっと違います。

上司や同僚との面倒な人間関係や社内政治とは無縁になり、

自律した一人の大人として、仕事をする仲間やクライアントとの円滑な人間関係がメインになります。

相手を尊重してスムーズに仕事をすすめるための気遣いの人間関係です。

 

自宅でフリーランスなら、三次元での人間関係はほぼないに等しいです。

打ち合わせはオンラインで完結、仲間は全国・全世界に散らばっているので飲み会もありません。

とは言っても、一人で仕事ができるわけではなく、仲間やクライアントと都度、チャットやズームでの打ち合わせをしながら仕事を進めます。

実際、仲間やクライアントは神的にコミュニケーションスキルとビジネスマナーに長けた人たちばかりなんです。

フリーランスになるには、人間力が大事なんだって気付かされました。

フリーランスも人間関係や気遣いは必須、

いえ会社員以上に、オンラインでつながるPCに向こうの仲間に対する細やかな気遣いが必要です。

 

リモートワークが羨ましい?ストレスゼロの働き方はメリットしかない!タイムカードでサボりません!向いている人はこんな人

関連記事

私はコロナ前からリモートで仕事をしています。この記事では、4年間リモートワークをやってみて実際に感じているメリットと自己管理についてお伝えします。 リモートワークが羨ましい!実際どんな働き方?自宅で仕事をし[…]

todoリスト

 

私の場合、会社員時代は人間関係で苦労した甲斐(かい)があって、フリーランスになって神的に良い人ばかりと仕事ができるようになりました。

フリーランス仲間は、過去人間関係で傷ついた人や会社の方針に合わなくなって退職して独立した人など、さまざまな人がいます。

つらい経験、理不尽な経験をバネとして人間的に成長している人ばかりなので、人を気遣う思いやりの心がすばらしいのです。

この環境を自分で選び取ることができて本当によかった、と思っています。

フリーランスの仕事は趣味の延長で楽しい?

フリーランスで仕事をしていると、興味のあることが仕事につながる機会が増えます。

また逆に、好奇心の幅も広がります。

私はライターの仕事も請けているのですが、自分では調べないテーマの仕事をいただくと、視野も広がり好奇心をもって日々の暮らしを送れるようになります。日常が楽しくなります。

趣味と仕事の境目がなくなるのも、フリーランスならではかもしれません。

フリーランスが自由で楽しい点!

フリーランスの自由で楽しい点をまとめると以下のようになります。

 

  1. イヤな上司や同僚にじゃまされることなく、仕事ができる自由
  2. 人間関係を選べる自由
  3. 仕事を選べる自由
  4. 趣味と仕事がつながる楽しさ
  5. 平日に行動できる自由

フリーランスは楽しいけど大変な面もある!

フリーランスは、自分で働いた分が稼ぎのすべてです。

会社員のように会社にいくだけで安定した稼ぎがあるなんて甘い蜜はいっさいありません。

収入は安定していません、変動ありすぎです!

だからこそ、目標を立てて、効率のよい仕事のやり方を考えたり、仕事もっと取れるよう努力することで収入がついてくるようになります。

収入を気にするようになることで、スキルもアップします。

仕事量も収入も自己責任です。

 

フリーランスに向いている人はこんな人!

自分でスケジュール管理ができる人
自分一人でも仕事ができる人(誰かに見られていないと仕事ができない小学生のような人は向いていません!)
会社の人間関係にうんざりしている人(仕事に集中したい人)
稼ぐ力がある人(営業力や交渉力、プレゼン力も必要)
自分の好きな分野の仕事をしたい人
孤独が苦手ではない人 一人でいるのが嫌ではない人
私は、人間関係での苦労や環境への不満から自由になりたくて、フリーランスを選びました。
自分で選び取った今の環境を、とても気に入っています。
会社員一本でこの先大丈夫だろうか、転職したい、そんな考えが少しでもあるのなら、行動してみることをおすすめします。
フリーランスは甘くないけど、向上心がある人には向いている働き方だと思います。
関連記事

コロナ禍以降、在宅ワーク、リモートワークが加速しましたね。私は、コロナ以前から在宅ワークをしています。50歳を迎えた節目に、会社員という働き方に区切りをつけ退職して、在宅ワーク歴は4年になりました。この記事では、在宅[…]